待降節(アドベント)は、クリスマスを待ち望む期間。

4本のロウソクをならべたクランツに、4つ前の日曜日から、一本ずつロウソクに火を灯していきます。
2009.12.6 クランツ

今日、12/6は、第二週目。教会のクランツの二本のロウソクに火を灯しました。

皆様にとって、良いクリスマスとなります様に。

 暖かいと言われる知多半島でも、12月も近くなり、通勤でK1200Sを使うのが辛くなってきました。バッテリーを外して、冬ごもりに。

冬でも暖かい日があれば、バッテリーを取り付けて、知多半島の先端の師崎(もろさき)へ行こうかと思っています。

知多半島は、国道247が海岸線をぐるっと走っていて、それがメインロードとなっていますが、これとは別に、半島の真ん中を貫く広域農道を中心とした快適な道があります。交通量は少ないし、意外と起伏もあって、バイクで走るには快適な道です。

 毎年恒例の野麦峠のカントリーロッジ木の実 に泊まるツーリングにK1200Sで行ってきました。

野麦峠に向かう前に、東名高速を東に走り、航空自衛隊の浜松基地のエア・フェスタ浜松2009へ。
今年は、米空軍のサンダーバーズが来日しています。
あいにくの雨空でしたが、初めてサンダーバーズを見る事ができました。
2009.10.17 サンダーバーズ 

雨の中を、浜松から、東名・東海環状道・中央高速で野麦峠に。
伊那ICから、R361、権兵衛トンネルでR19へ。権兵衛トンネルは快適ですね、雨でなければいいのに。

R19の薮原から、野麦街道(県道26号)へ。途中の境峠で泣きました。
路面の舗装がはがされ、砂利道に。おまけに上り道のカーブが連続している。
雨でシールドは曇っているし、深い砂利にタイヤがとられて転びそうで、雨でなければまだいいのに。

雨の中、何とか野麦峠のカントリーロッジ木の実 に到着。
今回で3回目のツーリングには、東京から2人、愛知から2人、神戸から1人が集まりました。

私たちの他に、9人のグループが来ており、木の実の駐車場はバイクが一杯。
2009.10.18 木の実

単純アルカリ泉の温泉に浸かり、雨で冷えた体を温め、夕食へ。
とうじ蕎麦と、ソムリッチ から送ってもらったビオワインを堪能。
「誰が雨男か!?」の議論が再燃!延々と夜は更けていきます。
雨もあがり、空には満天の星が。

翌朝、乗鞍に初冠雪。
2009.10.18 乗鞍

来年の再会を約束して、昨日とはうってかわった晴天の中、2人がビーナスラインへ。
私は、神戸に帰るSさんと松本から高速に乗りました。

K1200Sの燃費、今回は、20.3km/l でした。
HORNIG社製のR1200Rのオイルクラー・スクリーンをご購入頂いたお客様にお願いし、取付の過程を写真と共に送って頂きました。

取り付け前の状態です。
kg-r12r 取付1

取外したカバーです。
(工具はトルクス:20、カバーはペットボトルのキャップのよう感じでカッチリしてません)
kg-r12r 取付2

同封されていた取り付けマニュアルです。
kg-r12r 取付3

取り付けマニュアルの英語の訳です。
1.バイクから、クーラーカバーを外して下さい。カバーは上部の2個の トルクスネジで留まっています。下側にはネジなく、ホックで止められています。
2.クーラーカバーを平らな場所に置き、クーラー・スクリーンを貼り 付ける位置の4辺に接着材を塗って下さい。その上にクーラー・ スクリーンを載せ、何か重しになるものを載せ、固定して下さい。
3.一晩以上そのままにして、接着剤を乾かして下さい。
4.クーラーカバーは、下部を引っかけた後、上部を2本のトルクスネジ で固定して下さい。

HORNIG社のR1200R用のオイルクーラー・スクリーンです。周囲にフレームは取り付けておらず、メッシュ部分のみです。Webのショップでは、バイクに取り付けた写真だけを掲載し、製品単体の写真がありませんでした。フレーム無しのメッシュのみの製品に、お客様は驚かれた様で、誤解を与えてしまった事を、申し訳なく思っています。
kg-r12r 取付4

お客様は、接着が容易になる様に、サイドをアルミパンチング板ではさむ加工をされたようです。
kg-r12r 取付5

接着に使用された接着剤(セメダインX2)です。HORNIG社の取り付けマニュアルには、接着剤については、無色のシリコンと書いてあります。シリコン(シリコーン)系の接着剤だと思われますが、お客様が、お調べになって、セメダインX2を選択されたそうです。硬化までに12Hから24Hかかるそうです。
kg-r12r 取付6

硬化までの固定には、C型クランプを使用されたそうです。取り付けマニュアルには、下記の記載がありますが、

2.クーラーカバーを平らな場所に置き、クーラー・スクリーンを貼り 付ける位置の4辺に接着材を塗って下さい。その上にクーラー・ スクリーンを載せ、何か重しになるものを載せ、固定して下さい。

この方法では、ガードとカバーが重しでたわんでしまい接着が難しい、とのことでした。
kg-r12r 取付7

車体に取り付け後の写真です。
kg-r12r 取付8

この製品の取り付けは、そんなに簡単ではない事を、お客様からお教え頂きました。最初にこの製品をご購入頂いたお客様が、工作の得意な方だったことを感謝しています。

同様にメッシュ部分のみの製品がいくつかありますので、取り付けには一工夫がいる事を、ご購入の前に、お客様にきちんとご説明をする様に致します。

製品の購入は、下記のサイトからお願いします。
http://blessyou-i.jp/cgi/su4_shop/su4_shop.cgi
マフラー・カバー・フロント
マフラー・カバー・フロント
Beautiful high quality carbon fibre. Covers the joint between collector and silencer.
Only for the original exhaust.
Fits:
BMW K1200S
BMW K1200R
BMW K1200R Sport
BMW K1200GT(06-)

マフラー・カバー・フロント
マフラー・カバー・リア
A pleasing highlight with excellent fit made of carbon fiber.
Only for the original exhaust.
Fits:
BMW K1200S
BMW K1200R
BMW K1200R Sport
BMW K1200GT(06-)

リア・シート・カバー
リア・シート・カバー
Made of carbon fibre. Turn your bike into a pure racing machine.
Fits:
BMW K1200S
BMW K1300S

ヒール・ガード
ヒール・ガード
Heel guards made of carbon fiber.
A small and highly visible enhancement.
Very easy to install.
Sold in a set for the left and right.
Fits:
BMW K1200S
BMW K1200R
BMW K1200R Sport
BMW K1300S
BMW K1300R

サイド・カバー
サイド・カバー
Give your bike a real racing optic with these covers near the instruments. For left and right sides.
One set consists of both parts.
For K1200S.


詳細は、こちらをご覧下さい。
http://blessyou-i.jp/