BMW製バイク用のパーツ・アクセサリーの輸入ビジネスの開業準備を始めました。

動機は、2006年にK1200Sを購入した時から、自分が不満に思っていたことに加え、この不況の先行きの不安。

3年がかりで念願のBMW K1200Sを購入して思ったことは、日本でのアフターパーツが意外と少ないこと、値段が高いこと。インターネットでは海外のサイトに、いくつかBMW向け専門店がありますが、送料の高さや、支払いの不安が壁になっていると感じています。もちろん英語のやり取りも、、、、。

そこで一念発起して、開業に挑戦してみることにしました。いくつかの海外のサイトにメールを書いたところ、ドイツのHORNIG社から、協力する旨の返事が来ました。苦労しながらも、メールのやり取りを繰り返し、今は、最初の製品が届くのを待っているところです。

オーダーしたのは、F650GS、F800GS、F800S、F800ST、K1200S、K1200R、K1200GT、R1200RT、R1200R、R1200ST、R1200GS用の価格が1万円以下の小物に絞りました。

今日は、インターネットの販売サイトの準備をしました。商品を一つずつ登録していくんですが、1日で10個しか登録できませんでした。苦労したのは、やはり翻訳。

サイドスタンドの地面との接地面を広げてくれるパーツがあります。私のK1200Sでも、夏のツーリングの際に、昼食後バイクに戻ると、サイドスタンドが 1cmくらい地面に沈んで、アスファルトに穴があいていました。駐車場のアスファルトの質が悪かったんでしょうけど、倒れていたかも、と青くなったことがあります。なんで、あんなに面積が小さいんでしょう。
Sidestand Foot Enlargement: 0708
この製品の英語名が、「Side stand foot enlargement」。「サイドスタンドの末端の拡大???」。いろいろ考えましたが、結局、「サイドスタンド・エンラージメント」。「Baseball」から「野球」という言葉を考える才能は、私にはありません。

説明文も、

Feel safer parking your bike on dirt or asphalt with a sidestand foot enlargement. More than 100% bigger contact area. Made of high quality aluminium.



サイドスタンドを出して、バイクをとめるとき、地面との接地面の小ささに不安を覚えたことはないですか?Hornig社のサイドスタンド・エンラージメントは、設置面積を2倍以上にしてくれます。高品質アルミニウム製です。

と。かなり時間を取られています。

今日の夕方、HORNIG社から、「今日中に発送する。」とメールが届きました。楽しみです。まずは、自分のK1200Sにフル装備、ですね。