取引先のドイツのHORNIG社が、インターモト2014で撮影した映像です。
(モデル名をクリックすると、Youtubeのビデオ映像が表示されます。)

BMW S1000R 2017

BMW K1600GT 2017

BMW RnineT Pure 2017

BMW RnineT Racer 2017

Honda RC213V-S MotoGP 2017

Honda CBR1000RR Fireblade SP 2017

Yamaha Tracer 700 2017

Yamaha MT-09 2017

Yamaha MT-10 SP 2017

Kawasaki Ninja 650 2017

Kawasaki Versys 1000 2017

Suzuki GSX-R1000R 2017

Harley Davidson Street Glide 2017

KTM 1090 Adventure R 2017

Ducati Multistrada 1200S 2017









 

ドイツのHORNIG社のニュースからの転載です。

スタイリッシュ・ロードスターと、クラシカル・スポーツバイク

新型のハーフカウルスポーツと、クラシカルバイクが、BMWバイクのラインナップに加わりました。そのドライブラインとシャーシーは、R nineT Scramblerに、非常によく似ています。この2つのモデルは、カスタマイズのために、個々のスコ−プを持つモジュラーフレームを持っています。このフレームは、3つのコンポーネントから構成されています。それは、フロント・メインフレーム、リア・メインフレーム、そして取り外しが可能なパッセンジャー(後席)フレームです。これは、BMW純正アクセサリーの中からいくつかのシートと交換が可能です。フロントホイール・コントロールは、従来のテレスコピックフォークであり、リアは、中央のスプリング・ストラットと連動するBMWパラレバーです。もちろん、両方のR nine Tは、EU4汚染物質クラスの要求事項を満たすように設計されています。6速トランスミッションと組み合わされた排気量1170ccの強力な空・油冷ボクサーエンジンは、81 kW (110 HP)の最大出力を発揮します。排気管システムは、クラシックなスタイルとなっています。車体の左側に取り付けられたステンレス製マフラーを備えた排気管システムは、R nine T Racer 用には磨かれ (polished) 、R nine T Pure 用にはブラッシュ(brushed) されています。5本スポークの軽合金鋳造ホイール (サイズは、フロントが3.5 x 17"、リアが5.5 x 17") は、120/70 ZR 17 と 180/55 ZR 17 のタイヤを使用します。よりクラッシックな外見を演出するワイヤースポーク・ホイールは、オプションで用意されています。スリップが予想される路面でのリアホィールのスピンのリスクを軽減するために、BMWは、ASC(オートマチック・スタビリティ・コントロール)を工場オプションで提供しています。


R nineT Pure:

新しいR nineT Pureの設計に際して、BMWは、クラシックで、審美的な側面に注意を払いました。クラシカルなライディングを楽しむための純粋なロードスターは、豪華さといったものを排除して設計されました。それに加えて、BMWは、クリアアルマイト仕上げの鍛造アルミ製のフットレストやフォークブリッジ等、新しいテクノロジーを使い、このバイクを洗練しています。カタラーノ・グレー(非金属)と黒による、色の素晴らしいシナリオは、純粋主義を明白に示しています。BMW R nineT Pure のドイツでの希望小売価格は、12.300,00 €ユーロ (19% の付加価値税を含む) です。

R nineT Racer:

R nine T Pure は、クラシカルな側面を満たすように設計されていますが、R nine T Racer は、スポーティさに基づいています。これは、ハンプシートによる伏せたシートポジション、スタブハンドルバー、セットバック・フットレスト、極めて短いハーフカウルなどによって表されています。アルミシルバーのフレーム仕上げのライトホワイト(非金属)と、BMWモータースポーツ・カラーが、黒の駆動系と対照的なコントラストを作っています。BMW R nineT Racer のドイツでの希望小売価格は、13.300,00 ユーロ (19% の付加価値税を含む) です。

 

BMW RnineT Racer / Pure 画像を拡大 BMW RnineT Racer / Pure 画像を拡大
BMW RnineT Racer / Pure 画像を拡大 BMW RnineT Racer / Pure 画像を拡大

ドイツのHORNIG社のニュースからの転載です。

BMWは、多くのライダー達をときめかせるバイク、新型のK1600Bを発表しました。

この新しいバイクは、果てしなく続くハイウェイをライディングする夢、無制限の自由と独立を、多くのBMW愛好者にもたらすでしょう。

BMW K1600B は、118 kW (160 HP)を発揮する、6気筒インラインエンジンを備え、高いレベルで、情熱・強さ・優雅さ・他が真似出来ないものを実現しています。K1600Bは、アメリカンスタイルの特徴を持った流線型の形状となっています。バイクの最も高い部分は、フロントフェアリング(カウル)です。このバイクは、統合されたテールライトを備えた深いサイドケースがある車体後部まで、水滴が伸ばされたようなシルエットをもつ流線型になっています。

このバイクのリア(後部)は、全く新しく設計されました。これは、フラットでロングな外観を与え、後席ライダーのシート高を大きく下げています。K1600Bの他車にないもう一つの特徴は、上部に折りたたむことの出来るマッドガードです。この機能により、リアホイールの取り外しが容易になっています。ウインドディフレクターのサイドセクションは、後ろ側まで引き伸ばされ、走行風や天候に対する優れたプロテクションを提供しています。非球面レンズを備えた大きなリアミラーは、後方の確認に最適な視界を提供しています。

このバイクのウィンドスクリーンは、電動で調整が可能です。また、「ロード」「クルーズ」モードをもつ、自動ダンピング調整を備えた電子サスペンションESAを装備しています。新しいリバースアシスト機能と、オプションでシフト・アシスタント・プロが用意されています。また、ライダーと後席ライダーの快適性を向上させるフットレストも用意されています。


 

 

BMW K 1600 B 画像を拡大 BMW K 1600 B 画像を拡大
BMW K 1600 B 画像を拡大 BMW K 1600 B 画像を拡大

 

 

 

 

 

ドイツのHORNIG社のニュースからの転載です。
 

私たちHORNIG、BMWモトラッド、そして他の主要なバイクメーカー・パーツメーカーが、ドイツ・ケルンにおいて、2016年10月5~9日に開催されたインターモトで、最新の商品を紹介しました。
BMWモトラッドは、最新のBMW S1000R、K1600GT、RineT Racer、そして RnineT Pure を展示しました。
以下に、ショーの様子をご紹介致します。


 

Hornig Intermot 2016 画像を拡大 Hornig Intermot 2016 画像を拡大
Hornig Intermot 2016 画像を拡大 Hornig Intermot 2016 画像を拡大
Hornig Intermot 2016 画像を拡大 Hornig Intermot 2016 画像を拡大
Hornig Intermot 2016 画像を拡大 Hornig Intermot 2016 画像を拡大
Hornig Intermot 2016 画像を拡大 Hornig Intermot 2016 画像を拡大
Hornig Intermot 2016 画像を拡大 Hornig Intermot 2016 画像を拡大
Hornig Intermot 2016 画像を拡大 Hornig Intermot 2016 画像を拡大
Hornig Intermot 2016 画像を拡大 Hornig Intermot 2016 画像を拡大
Hornig Intermot 2016 画像を拡大 Hornig Intermot 2016 画像を拡大
Hornig Intermot 2016 画像を拡大 Hornig Intermot 2016 画像を拡大
Hornig Intermot 2016 画像を拡大 Hornig Intermot 2016 画像を拡大
Hornig Intermot 2016 画像を拡大 Hornig Intermot 2016 画像を拡大

 

 

 

 

 


モトグッチ乗りの友人から、下記の問い合わせが。
 

メンテナンススタンドを購入しました。直立させてスイングアームの下にかませ、持ち上げる操作が意外と難しいのです。

ずいぶん前になりますが、プラスチック製のフロントタイヤを固定するスタンドを扱っていた記憶があります。
あれはもう扱っていませんか?ネットで探しても似たものが見つかりません。

2010年、ドイツのケルン市で行われたインターモトで見つけたものですね。
下記がその時のブログの記事です。
インターモト 2010 で見つけたもの(その1):軽量なバイクの前輪スタンド

 

その後の製造メーカーとのやり取りで、条件が噛み合わず、取引を断念しましたが、試験的に購入したうちの1個が、倉庫に残っていたので、友人に送りました。

Easy Bike Stand

Easy Bike Stand

Easy Bike Stand

 

ピッタリと収まった様です。

この会社、2012年、2014年のインターモトでは、見かけることはなかったです。

ホームページは、下記です。
Alva-Concept