ドイツのHORNIG社のニュースからの転載です。

新型 BMW R1200GS LC 2017: 世界で最も離れた場所への最適なパートナー
BMW R1200GS LC 2017

素晴らしいボクサーエンジンとオフロード能力による抜群のダイナミズム、安定したロングツーリングの組み合わせ、それがR1200GSが象徴するものです。R1200GSは、BMW Motorradの製品ラインナップのベストセラーであり、今や、最も小さな要素にも、その熟成が及んでいます。新しいR1200GSの出力は7750 minで92 kW(125 PS)で変化しませんでしたが、EU4の要件に従い、データステータスに適合させるために、新しい触媒コンバータが取り付けられました。セレクタ・ドラム・アクチュエータとトランスミッション・シャフトが改良され、トランスミッション出力シャフトのジャダーダンパーが取り付けられました。 新しいR1200GS ExclusiveとRallyeモデルも、エンジン・マネージメントのための新しいデータステータスを取得しました。

最適なトラクションのために、BMWは、標準で"レイン"と"ロード"の2つの運転モードを備えた、ASCシステム(自動安定性制御)を提供しています。 また、"Dynamic"、 "Dynamic Pro"、 "Enduro"、 "Enduro Pro"の選択ができる"Riding Modes Pro"、DTC(Dynamic Traction Control)を、オプションで用意しています。 "Dynamic Pro"により、ライダーは、車両のキャラクターをパーソナライズ、カスタマイズすることが可能になります。"Riding Modes Pro"には、坂道でのスタートに便利なヒル・スタート・コントロールと、より安全に制動するためのABS Proが含まれています。

オプションには、ダイナミックESA"Next Generation"(電子サスペンション・アジャストメント)も用意しています。これは、ダンピングを自動的に調整して、すべての負荷状態の釣り合いを取ります。専用アクセサリーとして、シリンダークラッシュバー、トップケースとオフロード・プロテクションパーツ、クーラー・プロテクション、フレーム・プロテクション等が用意されています。Rallyeモデルは、バネ率の増加(より硬いサスペンション)、より長いバネ・ストラット、および拡張されたスプリング・トラベルを備えています。いた。 これらの機能を装備したRallyeは、オフロードの愛好家に最適な車両です。

前モデルの基本的なデザイン・アーキテクチャは、新しいR1200GSにも踏襲されています。膝部の理想的なエルゴノミクスにより、オフロードでの、より良い姿勢を実現しています。新しいGSは、ウィングレット、新しい燃料タンクのサイドトリムパネル、新しいクーリング・エアダクト、ラジエータートリムエレメント(表面亜鉛メッキ、またはステンレススチール)、ハードなコントラスト、新しい色が特徴です。Rallyeモデルは、タンク側面のBMWモータースポーツカラーを含むルピンブルーメタリック (Lupine-blue metallic ) と、フレームのコルドバブルー (Cordoba blue) の塗装でオフロードキャラクターを強調しています。Exclusiveモデルは、タンクサイドパネルが、Monolith メタリック・マットで塗装されています。前輪のスプラッシュガードと中央の燃料タンクカバーは、カラーアイスド・チョコレート・メタリック (the colour Iced Chocolate metallic) で塗装されています。 フレームは、Agateグレーメタリックマットで、ブレーキキャリパーは金色で塗装されています。


 

BMW R1200GS LC 2017 画像を拡大 BMW R1200GS LC 2017 画像を拡大
BMW R1200GS LC 2017 画像を拡大 BMW R1200GS LC 2017 画像を拡大
BMW R1200GS LC 2017 画像を拡大 BMW R1200GS LC 2017 画像を拡大

 

 






 

 


ドイツのHORNIG社のニュースからの転載です。

 

新型 BMW G 310 GS:排気量500cc未満のカテゴリーで、完璧な機能・信頼性・堅牢性

BMW G310GS

進歩性、優れた品質、何年も付き合える気楽なパートナーシップ - それはすべてのBMW GSモデルが目指すものです。 新しいG310GSでは、BMWは、多様に富んだライダーの調査結果を考慮に入れて、シンプルで安全な操作を重視しました。 オールラウンダーには、世界のすべての道がホームであり、毎日の冒険に最適な仲間です。 G310GSは、より大きなGSモデルの多くの特性を500cc以下のセグメントに移し、それを独自の熟練の手法で取り込みました。また、各種燃料の品質に対応しており、すべての排出基準、および各国の要件を満たしています。

シャーシに関しては、新型 BMW G310GS は、ロードスターG310R に非常に似ています。フロントは倒立フォーク、リアはスプリング・ストラットに接続したアルミ製スイングアームにより、しっかりとしたバランスと、容易なハンドリングを実現しています。ねじり剛性と堅牢性を向上させるために、G310GSでは、ボルトで固定されたリアセクションをもつチューブ・スチール・スペースフレームが装備しています。新型の小さなGSモデルの多くの各部は、高いフロントフェンダー、フライライン、短く・高いリア等、大きなGS姉妹から取り入れられています。このGSの他の典型的な特徴は、短いホイールベース、19インチの前輪、およびコンパクトなバランスと、特徴的な直立姿勢のための拡張されたスプリング長です。

世界中の幅広い用途とダイナミックな乗り心地のために、G310GSのエンジンは、4バルブ、ツイン・オーバーヘッドカムシャフトの電子燃料噴射313cc液冷単気筒エンジン(ボア80mm、ストローク62.1mm)です。シリンダーヘッドは、180度回転しています(吸気:フロント、排気:リア)。この構造により、新鮮な空気と燃料の供給を強化しています。このニューモデルでは、25 kW(34hp)の出力に達するだけでなく、DIN(ドイツ工業規格)の定義では、169.5kgの乾燥重量となっています。

BMWのオートバイの特徴として、G310GSには、ABSが標準装備されており、ボタンを押すことで、簡単にオフにすることができます。 ブレーキは、効率的な減速と短い制動距離のために、2チャンネルABSを備えた高性能ブレーキシステムです。 大型の液晶ディスプレイは、ライダーに、明瞭に幅広い情報を提供します。


 

BMW G310GS 画像を拡大 BMW G310GS 画像を拡大
BMW G310GS 画像を拡大 BMW G310GS 画像を拡大
BMW G310GS 画像を拡大 BMW G310GS 画像を拡大
BMW G310GS 画像を拡大 BMW G310GS 画像を拡大

 

 


 

 

取引先のドイツのHORNIG社が、新しい画像を公開しましたので、ご紹介します。

1. S1000R: カーボン・ベリーパン(アンダーカウル)


2. シフトレバー・エクステンション(適合車種をご確認下さい。)


3. R1200GS LC (2013-) カーボン クーラーカバー


4. ノーチラス・ホーン(適合車種をご確認下さい。)

ドイツのHORNIGから、商品をご購入いただきました。

BMW S1000XR

リム ストライプ
BMW S1000XR

BMW S1000XR

トップケース・マウンティング-アルミ
BMW S1000XR

タンクバッグ・マウント BF11
BMW S1000XR

BMW S1000XR
 

10/15-16に、恒例の、年に1回、旧友たちが全国から集まる長野県野麦峠の定宿”カントリーロッジ木の実”へのツーリングへ行って来ました。

カントリーロッジ木の実

約10年前、同じ会社の同じ部署のライダー仲間でしたが、今は働く場も変わり、全国各地に散っています。
そして、10月に解禁される新蕎麦を食べることを口実に、カントリーロッジ木の実に集まるようにしています。

カントリーロッジ木の実

とうじ蕎麦で頂きます。

カントリーロッジ木の実

カントリーロッジ木の実からは、こんな風景が望めます。
温泉は天然温泉の単純アルカリ泉で、少々ヌルヌルしますが、美人の湯と言われる系統のお湯だそうです。

カントリーロッジ木の実

朝、出発時には、バイクを並べるんですが、

カントリーロッジ木の実

1台のバイクのエンジンがかからない。

カントリーロッジ木の実

こんな時も、ハーレーを分解整備したことのある、カントリーロッジ木の実のマスターが助けてくれます。
真っ黒だったプラグを清掃し、軽トラックを持ってきて、バッテリーをつないで解決です。

カントリーロッジ木の実

年を取ったせいか、夜が弱くなり、宿でも早寝早起きになってしまいますが、来年も楽しみにしています。