BMW R1250R conversion by Hornig

 


ローカルな道や山道での忠実な仲間:これは R1250R が、自身を提示する方法でもありますが、もちろん、ShiftCamボクサーエンジンの恩恵も受けています。このロードスターを、アクセサリーで最適化することをミッションとし、そのことにより、このBMWネイキッドバイクでのツーリングにおいて、より安全で、快適で、スタイリッシュなツーリングを保証することを目指しました。

ローカルな道や山道での忠実な仲間:これは R1250R が、自身を提示する方法でもありますが、もちろん、ShiftCamボクサーエンジンの恩恵も受けています。このロードスターを、アクセサリーで最適化することをミッションとし、そのことにより、このBMWネイキッドバイクでのツーリングにおいて、より安全で、快適で、スタイリッシュなツーリングを保証することを目指しました。

ロングツーリングで特に有効な改善点は、ハンドルバー・ライザーキットです。ハンドル周辺では、エンブレム付きセンターキャップによって強化されています。より直立した姿勢によって、よりリラックスした状態で、目的地に着くことができます。安全性に関しては、ミラー・エクステンションを取り付けました。これにより、ライダーの背後で何が起こっているかを、よりよく見ることができるからです。取り付けられた ZTechnik ウィンドシールドは、非常に優れた空力特性によって、風の騒音レベルが最小限に抑えられ、静寂をもたらします。安全に到着することが、最も重要なことです。そのために、適切なRAMボー付きのGPSマウントと適切な60mmのクランプの組み合わせは、ナビゲーションシステムを、最も適切な位置にセットするために、決定的な役割を果たします。もちろん、スマートフォンにも同じことが当てはまります。そのために、スマートフォンを安全に固定するために、ラムX-グリップクランプも取り付けました。コネクティビティ・ディスプレイを、こすり傷から効果的に保護する必要があります。そのためには、保護フォイルが理想的です。ブレーキレバーとクラッチレバーは、そのエレガントなデザインが感銘を与えるだけでなく、合計6つの調整オプションを備えた高い機能性が特徴です。ブレーキペダル・エンラージメントは、追加のスリット付きの表面によって、安全なブレーキングを保証します。ロードスターにとって、シートの快適性は不可欠です。そのため、シートシート張りし、快適性を大幅に向上させました。ラゲッジブリッジ、またはリアシートに置くことのできるテールバッグとリアシートバッグは、ショートツーリングのために、十分な収納スペースを提供します。これにより、容量は、標準の 8リットルから16リットルまで拡張できます。ステンレス製クラッシュバーと、フォーククラッシュ・プロテクターによって、オートバイの安全性と堅牢性にも配慮しました。

堅牢なクーラー・プロテクションは、クーラーを効果的に保護します。エンブレム付きのオイルフィラープラグで安心に備えることができます。プラグの側面にドリルで穴を開けることによって、アレンキー、またはトルクスでのみ取り外すことができます。ABS樹脂製マッドガードは、サスペンション、マフラー、ヘッダーを、汚れや跳ね上げられた小石から保護します。追加のフェンダー・エクステンダーは、オリジナルのフロントマッドガードに最適に適合しています。ビルトインのナンバープレート・ホルダーにより、車体後部の外観がアップします。R1250R を、どんな路面でもしっかりと駐車できるように、サイドスタンド・エンラージメントが追加されました。Oリングを備えたシフトレバー・エクステンションを使用してシフトすると、グリップが向上します。マルチグリップ・フットペグを使用したフットペグ・ローワーは、快適なライディングとして知られています。視覚的な利点に加えて、リアホイールセンターカバーには、非常に実用的な利点もあります。穴によってカルダンの冷却が向上します。スイングアームの上のフレームカバー、カルダンのアクスルピボットカバーサスペンション用カバー、およびエンジンマウント用カバーフレームカバーと組み合わせ、リアフレームでこれらに加え、スイングアームピボットカバーにより、R1250Rのフレームの見苦しい穴がなくなります。フットブレーキ・フルードリザーバーカバーも個性を生み出します。

最後に、ユニバーサル・リムストライプレムス・ブラックホークエキゾーストは、私たちの R1250R コンバージョンのアイ・キャッチャー(eye-catcher)です。

リアシートバッグ
フロントシート、リアシートの改良
リアホイール・センターカバー
後輪車軸カバー
シフトレバー・エクステンション
ABS樹脂製マッドガード
ナンバープレート・ホルダー
エンブレム付きオイル注入口・プラグ
マルチ・グリップ・フットレスト
ブレーキペダル・エンラージメント
フォーク・クラッシュ・プロテクター
テクター ブレーキ・クラッチレバー
ミラーエクステンション
センターキャップトップ・ヨーク
GPSマウンティング
スマートフォン用 RAM X-グリップ クランプ
クランプ 60mm
エクステンドフェンダー
クーラー・プロテクション
サスペンション取付部カバー
スイングアームピボット・カバー
エンジン取付後部のフレームカバー
フレームカバー(左用)
リアフレームカバー
エンジン取付部フレームカバー
フットブレーキ・リザーバーカバー
ユニバーサル・リムストライプ
サイドスタンド・フット・エンラージメント
ZTechnik ウィンドスクリーン
コネクティビティ・ディスプレイ用保護シートセット
Remus Black Hawk
ステンレススチール製クラッシュバー
ハンドルバー・ライザー

 

 

 

 

 

BMW R1250R conversion by Hornig 画像を拡大 BMW R1250R conversion by Hornig 画像を拡大
BMW R1250R conversion by Hornig 画像を拡大 BMW R1250R conversion by Hornig 画像を拡大
BMW R1250R conversion by Hornig 画像を拡大 BMW R1250R conversion by Hornig 画像を拡大
BMW R1250R conversion by Hornig 画像を拡大 BMW R1250R conversion by Hornig 画像を拡大
BMW R1250R conversion by Hornig 画像を拡大 BMW R1250R conversion by Hornig 画像を拡大

 

 


 

 

 

 

 

 

コロナウィルスの影響により、HORNIG社(ドイツ)から、日本への出荷が停止されています。

ドイツから日本への輸送を担うDHLから、HORNIG社に連絡がありました。
ドイツと日本の間の航空便の運休・減便が主な要因とのことですが、現時点では、現地のDHLも混乱をしており、詳細については不明とのことです。

詳細、再開の見込みが判明しましたら、お知らせいたします。

 

(2020年5月16日追記)

DHL Expressが再開されました。荷物の追跡をすると、ドイツから中国を経由して日本に届いています。通常のサービスは、ドイツ(フランクフルト)から直接、日本(羽田)に届いていました。ドイツ-日本間の航空便が以前に近い状態に戻れば、安価な通常サービスも再開されると思います。


(2020年5月11日追記)

日本向けに、一部の配送が再開されました。

 

再開されたのは、 DHL Express と呼ばれるサービスで、通常のサービスよりも早く(2〜5 日間)配送されますが、その分、送料が高くなっています。
送料は、下記をご参照下さい。

DHL Express
商品価格の合計:30ユーロ未満 49.9ユーロ
同:250ユーロ未満 119.9ユーロ
同:250ユーロ以上 129.9ユーロ

参考:通常サービス
商品価格の合計:30ユーロ未満 29.9ユーロ
同:250ユーロ未満 39.9ユーロ
同:250ユーロ以上 49.9ユーロ
 


(2020年4月10日追記)
現在、ユーザー登録の際の住所の国、および、ご注文の際の配送先の国に、日本を選択することができなくなっています。
また、送料の表示にも、日本が削除されています。

このステンレス製のエンジンガードは、パウダーコーティングされたスチール製のガードのように錆びることはありません。このエンジンガードは、オイル交換やバルブカバーにアクセスするためのスペースを確保するように慎重に設計されているので、作業の際に取り外す必要がありません。エンジンヘッドを守り、エンジンが壊れないようにするために、このエンジンガードは、エンジンカバーではなく、エンジンマウントに取り付けられます。両サイドのガードのトップにある、インテグラル・ブランケットには、アクセサリーライトやビデオカメラ、その他のライダーが希望するパーツ・デバイスなどを取り付けることができます。
このクラシュバーは、良好なプロテクションを提供しますが、コーナリング時のバンク角が減少します。

このクラッシュ・バーは、エンジン・スポイラーとの併用は出来ませんので、ご注意下さい。


BMW R1250 用クラッシュバー
499,00 ユーロ (ドイツの消費税を含む。日本からの購入の場合、 419,33 ユーロ、 送料・輸入消費税別)
商品ページ:
BMW R1250 用クラッシュバー

 

クラッシュバー BMW R1250画像を拡大 クラッシュバー BMW R1250画像を拡大
クラッシュバー BMW R1250画像を拡大 クラッシュバー BMW R1250画像を拡大

 

 


 

 

EICMA 2019において、新型 BMW F900Rが発表され、その精密さと率直さに感銘を受けました。まるで自分自身が、F900Rと融合しているかのように、カーブでのパワーは、直感的に適正に使用されます。ライディングの楽しさは、このダイナミック・ロードスターでは、必然的なものです。F900Rのライディング・テクノロジー、安全性、接続性にも留意がされています。

メインヘッドライト内のセパレイト型のLEDエレメントは、カーブの内側を可能な限り照らします。7度の傾斜では、適応型ヘッドライトが自動的にオンになります。
BMW F900Rには、新しいTFTディスプレイが搭載されており、どんな悪条件下でも6.5インチのディスプレイを輝かせます。さらに、TFTディスプレイは、高品質のプレゼンテーション、さまざまな情報、および使いやすさを提供します。特別に装備されるドライビング・モードProにより、追加のコアスクリーンをライダーに提供します。TFTディスプレイのグラフィックは、一致するオンロード・オプティックス (on-road optics) に表示されます。これからは、ミドルクラスでも、標準のBMW Motorradコネクティビティ機能により、ライディング中に、電話をかけたり、ナビゲートしたり、音楽を聴いたりするのが快適さを享受できます。

性能に関しては、新型 F900Rは、105 CVと895 cm3の排気量で、さらに開発が進められた直列エンジンを備えています。
F900Rのデザインを説明しなければならなかった場合、多くの人が言うのはアグレッシブです。その鋭いエッジ、コンパクトなヘッドランプ、短いテールにより、F900Rは、常に獲物を狙う、いつでも攻撃の準備ができている、ネコ科の捕食動物の様に見えます。

以下の3つの車体色が用意されています。
- スタイルスポーツ: ホッケンハイム・シルバー / Racingred uni
- サンマリノ・ブラウ・メタリック
- ブラックストーム・メタリック

F900Rのハイライトは以下のとおりです。
- ハイトルク・モーター
- 接続可能なTFTディスプレイ(6.5インチ)
- 適応型ヘッドライト
- ドライビング・モード Pro (オプション)
- ショート・エクゾースト
- アジャイル(Agile、機敏な)・サスペンション
- ダイナミック ESA
- シフト・アシスタント Pro
- 多様なシート高

 

新型 BMW F900R 画像を拡大 新型 BMW F900R 画像を拡大
新型 BMW F900R 画像を拡大 新型 BMW F900R 画像を拡大
新型 BMW F900R 画像を拡大 新型 BMW F900R 画像を拡大
新型 BMW F900R 画像を拡大 新型 BMW F900R 画像を拡大

 

 


 

 

スポーティなライディング、簡単な操作、さまざまな装備オプション。これらは、新型 BMW F900XRのキャラクターをダイレクトに言い表しています。新型 BMW F900XRは、アドベンチャースポーツセグメントを、ミドルクラスのエンデューロとして、征服することを目的としています。

新型 BMW F900XRは、スポーティーな走行への熱望と、長距離ツーリング能力の完璧な共生を形成し、「大きな」S1000XRの特徴を小さなセグメントに巧みに移しています。エンジン(77 kW/105 hp)のシリンダー容量は895 cm3です。
「アンチ・ホッピング・クラッチ」と呼ばれる機能が、標準で装備されています。追加のオプションのエンジン・ドラッグ・トルク・コントロール(MSR)によって、減速時の安定性を高めることもできます。

フロントフェアリングでは、スポーティさがF900XRの重要な特徴であるだけでなく、ウインドブレーク (windbreak、風よけ) を2つのポジションに調整できるので、ツーリング時の忠実な相棒になる、という第一の特徴を見ることをできます。設計上、このクロスオーバーマシンは、ツインヘッドランプで成功を収めています。これは、オプションとして、順応可能なコーナリング・ライトにも対応しています。さらに、「ヘッドライト Pro」オプションは、昼間のランニング・ライトを提供します。

短いリアエンドと組み合わされた15.5リットルのタンクは、ツーリングとスポーティなライディングの2つの世界を組み合わせた、このクロスジャンルのオートバイの2つの装備例です。
最後になりましたが、長いスプリングのたわみとシート高の調整機能により、快適なライディングが保証されます。

F900XRには、「レイン」と「ロード」の2つのドライビング・モードが装備されています。必要に応じて、サスペンションの調整に関する追加設定をリクエストできます。ミドルクラスのオートバイとしては稀であり、言及する価値があるのは、スマートフォンやナビゲーション機器との接続性です。

 

The new BMW F900XR 画像を拡大 The new BMW F900XR 画像を拡大
The new BMW F900XR 画像を拡大 The new BMW F900XR 画像を拡大
The new BMW F900XR 画像を拡大 The new BMW F900XR 画像を拡大