HORNIG社から日本への出荷が再開されました。

料金と日数は、下記のようになっています。

DHL Express サービス
日数:2-5 日間
送料:
商品価格の合計:30ユーロ未満 49.9ユーロ
同:250ユーロ未満 119.9ユーロ
同:250ユーロ以上 129.9ユーロ

通常サービス(日本郵便が引受)
日数:10-20 日間
送料:
商品価格の合計:30ユーロ未満 39.9ユーロ
同:250ユーロ未満 69.9ユーロ
同:250ユーロ以上 79.9ユーロ

通常サービスは、コロナウイルスによる影響で配送が止まる前よりも、必要日数が多く、価格が高くなっています。
その理由は、配送会社(DHL)が、コロナウイルスによる影響のため、当面の間、日数・料金とも、そうせざると得ない、とのことです。

(参考)
コロナウイルスの影響前の通常サービス
日数:平均8.5日、最短4日、最長14日(2020年1月からの実績
送料:
商品価格の合計:30ユーロ未満 29.9ユーロ
同:250ユーロ未満 39.9ユーロ
同:250ユーロ以上 49.9ユーロ

BMW R1250RS conversion by Hornig

 


BMW R1250RS のようなスポーツツアラーに何を期待しますか?全体として、ツアーの快適さとスポーティさが、一貫した完璧な組み合わせで与えられました。私たちのコンバージョンにより、このバイクは、レーストラックでのトレーニングと同様に、ツーリングでも、新しいレベルに到達します。

リラックスしたライディング・ポジションは、ロングツーリングには不可欠です。これを確実にするために、ハンドルバーを25 mm上げるハンドルバーライザーを取り付けました。ミラーエクステンションは、後方視界を改善し、ライディング中の安全性を高めます。このコンバージョンでは、 ZTechnik ウインドシールドの恩恵を受けることができます。このウインドシールドは、V型の形状により、エアロダイナミクスが向上すると共に、風切り音も低減します。さらに、高いウインドシールドにより、ノーマルの R1250RS よりも、リラックスしたポジションをとることができます。今日では、デジタル・ルート・プランナーは常にあなたと共にいます。 Garmin ナビゲーションデバイス用の特別なアダプターと組み合わせた弊社の GPSマウントは、常に、GPSシステムを視野内に収めるように調整が可能です。コネクティビティ・ディスプレイに、見苦しい擦り傷を付ける懸念は、特別に調整されたディスプレイ保護シートによって緩和されます。シートは、ロングツーリングでは、重要な要素になります。シートのクッションが、最高の快適な座席を保証する重要な役割を果たします。適切なタンクバッグマウント付きの 25リットルタンクバッグを、適切なツアーコンパニオンとしてお勧めします。アルミ製トップケース・マウンティングにより、GIVI Monokeyのトップケースをいつでも持ち運べます。ブレーキペダル・エンラージメントにより、ブレーキング時の確かな感触を保証します。フォーククラッシュ・プロテクターと、カルダンクラッシュ・プロテクターは、共に、バイクのプロテクションに貢献します。

クーラープロテクションは、汚れや虫から、クーラーフィンを守ります。ブラック・アルマイト・オイルフィラープラグの特別な機能は、アレンキーまたはトルクスキーでしか、取り外せないことです。フロントマッドガードにフェンダー・エクステンダーを使用することで、汚れや、跳ね上げられた小石によるダメージは、過去のものとなりました。サイドスタンドフット・エンラージメントにより、バイクはすべての地面にしっかりと立ち、シフトレバー・エクステンションのより大きな接触面により、シフトレバーをより快適に操作できます。後輪センターカバー R1250RS のフレーム用の小さな数種のアルマイトカバーと、フットブレーキ・フルードリザーバー・カバーは、この BMWバイクの外観に、他車との明確な違いをもたらします。

シルバーグレイデコレーション・ステッカーセットシルバーのリムストライプ、さらに LEDフェアリング・ウィンカー Remus Black Hawk マフラーの組み合わせも、仕上げの成功に貢献しています。

Remus Black Hawk
シフトレバー・エクステンション
ミラーエクステンション
リアホイール・センターカバー
ハンドルバー・ライザー
サイドスタンド・フット・エンラージメント
エンジン取付後部のフレームカバー
エンジン取付部フレームカバー
サスペンション取付部カバー
フレームカバー(左用)
フォーク・クラッシュ・プロテクター
ブレーキペダル・エンラージメント
リアフレームカバー
スイングアームピボット・カバー
フットブレーキ・リザーバーカバー
エンブレム付きオイル注入口・プラグ
クーラー・プロテクション
フロントシート、リアシートの改良
トップケース・マウンティング-アルミ
ZTechnik ウィンドスクリーン
GPSマウント
リム ストライプ
デコレーション・ステッカーセット
コネクティビティ・ディスプレイ用保護シートセット
LED フェアリングウィンカー
タンクバッグ EA118
クラッシュ・プロテクター
エクステンドフェンダー

 

 

 

 

BMW R1250RS conversion by Hornig 画像を拡大 BMW R1250RS conversion by Hornig 画像を拡大
BMW R1250RS conversion by Hornig 画像を拡大 BMW R1250RS conversion by Hornig 画像を拡大
BMW R1250RS conversion by Hornig 画像を拡大 BMW R1250RS conversion by Hornig 画像を拡大
BMW R1250RS conversion by Hornig 画像を拡大 BMW R1250RS conversion by Hornig 画像を拡大

 

 


 

 

 

 

 

BMW モトラッドは、R18により、アメリカのマーケットのクルーザークラスに関わる新しい領域に参入します。なおかつ、伝統的なブランドは、独自の歴史のデザインの特徴に、再度、焦点を当てています。

この1802ccの排気量の「ビッグボクサー」は、この新しいバイクのために特別に開発されましたが、このエンジンは、空冷ボクサーエンジンの伝統を受け継いでいます。BMW R18の心臓部は、4,750 rpmで67 kW(91 hp)の最大出力を持ち、特徴として、150 Nmのトルクを、2,000 〜 4,000 rpmの回転域で、継続的に利用可能です。

このボクサーエンジンは、ダブルループ・スチールチューブ・フレームに統合されています。この構造は、1936年に発売されたBMW R5の伝統が今に活きています。スチールと鋳鉄、鍛造部品で作られたリアスイングアームは、R5を彷彿とさせます。ピーアドロップ(洋ナシ形)タンクと、オープン・ランニング・ドライブシャフトに加え、ピンストライプのペイントワーク(工場オプション)等も、昔の魅力を疑いなく示しています。しかしながら、LEDヘッドライトによって、ここに”伝統的でありながら現代的”の原則が適用されています。

スチールスリーブの後ろには、サスペンションを担うセントラル・サスペンションストラットに直接取り付けられた、テレスコピックフォーク(電子機器なし)が隠されています フロントに、直径300mmのツイン・ディスクブレーキ、リアに同径のシングル・ディスクブレーキが、ワイヤースポークホイールをブロックで固定します。 低いシーティング・ポジションと、シリンダーのすぐ後ろに配置されたフットレスト(”ミッドマウントフットペグ”ポジション)により、快適で、かつ操作を促進するライディングが保証されます。3つのライディングモード”レイン(Rain)”、”ロール(Roll)”、”ロック(Rock)”、また標準装備の自動安定性制御ASCが、この楽しいライディングに貢献しています。

この新型 BMW R18は、簡単にアクセサリーを装備でき、手を加えることもできるため、特に個性を重視する方を魅了しています。

 

BMW R18 画像を拡大 BMW R18 画像を拡大
BMW R18 画像を拡大 BMW R18 画像を拡大
BMW R18 画像を拡大 BMW R18 画像を拡大
BMW R18 画像を拡大 BMW R18 画像を拡大
BMW R1250R conversion by Hornig

 


ローカルな道や山道での忠実な仲間:これは R1250R が、自身を提示する方法でもありますが、もちろん、ShiftCamボクサーエンジンの恩恵も受けています。このロードスターを、アクセサリーで最適化することをミッションとし、そのことにより、このBMWネイキッドバイクでのツーリングにおいて、より安全で、快適で、スタイリッシュなツーリングを保証することを目指しました。

ローカルな道や山道での忠実な仲間:これは R1250R が、自身を提示する方法でもありますが、もちろん、ShiftCamボクサーエンジンの恩恵も受けています。このロードスターを、アクセサリーで最適化することをミッションとし、そのことにより、このBMWネイキッドバイクでのツーリングにおいて、より安全で、快適で、スタイリッシュなツーリングを保証することを目指しました。

ロングツーリングで特に有効な改善点は、ハンドルバー・ライザーキットです。ハンドル周辺では、エンブレム付きセンターキャップによって強化されています。より直立した姿勢によって、よりリラックスした状態で、目的地に着くことができます。安全性に関しては、ミラー・エクステンションを取り付けました。これにより、ライダーの背後で何が起こっているかを、よりよく見ることができるからです。取り付けられた ZTechnik ウィンドシールドは、非常に優れた空力特性によって、風の騒音レベルが最小限に抑えられ、静寂をもたらします。安全に到着することが、最も重要なことです。そのために、適切なRAMボー付きのGPSマウントと適切な60mmのクランプの組み合わせは、ナビゲーションシステムを、最も適切な位置にセットするために、決定的な役割を果たします。もちろん、スマートフォンにも同じことが当てはまります。そのために、スマートフォンを安全に固定するために、ラムX-グリップクランプも取り付けました。コネクティビティ・ディスプレイを、こすり傷から効果的に保護する必要があります。そのためには、保護フォイルが理想的です。ブレーキレバーとクラッチレバーは、そのエレガントなデザインが感銘を与えるだけでなく、合計6つの調整オプションを備えた高い機能性が特徴です。ブレーキペダル・エンラージメントは、追加のスリット付きの表面によって、安全なブレーキングを保証します。ロードスターにとって、シートの快適性は不可欠です。そのため、シートシート張りし、快適性を大幅に向上させました。ラゲッジブリッジ、またはリアシートに置くことのできるテールバッグとリアシートバッグは、ショートツーリングのために、十分な収納スペースを提供します。これにより、容量は、標準の 8リットルから16リットルまで拡張できます。ステンレス製クラッシュバーと、フォーククラッシュ・プロテクターによって、オートバイの安全性と堅牢性にも配慮しました。

堅牢なクーラー・プロテクションは、クーラーを効果的に保護します。エンブレム付きのオイルフィラープラグで安心に備えることができます。プラグの側面にドリルで穴を開けることによって、アレンキー、またはトルクスでのみ取り外すことができます。ABS樹脂製マッドガードは、サスペンション、マフラー、ヘッダーを、汚れや跳ね上げられた小石から保護します。追加のフェンダー・エクステンダーは、オリジナルのフロントマッドガードに最適に適合しています。ビルトインのナンバープレート・ホルダーにより、車体後部の外観がアップします。R1250R を、どんな路面でもしっかりと駐車できるように、サイドスタンド・エンラージメントが追加されました。Oリングを備えたシフトレバー・エクステンションを使用してシフトすると、グリップが向上します。マルチグリップ・フットペグを使用したフットペグ・ローワーは、快適なライディングとして知られています。視覚的な利点に加えて、リアホイールセンターカバーには、非常に実用的な利点もあります。穴によってカルダンの冷却が向上します。スイングアームの上のフレームカバー、カルダンのアクスルピボットカバーサスペンション用カバー、およびエンジンマウント用カバーフレームカバーと組み合わせ、リアフレームでこれらに加え、スイングアームピボットカバーにより、R1250Rのフレームの見苦しい穴がなくなります。フットブレーキ・フルードリザーバーカバーも個性を生み出します。

最後に、ユニバーサル・リムストライプレムス・ブラックホークエキゾーストは、私たちの R1250R コンバージョンのアイ・キャッチャー(eye-catcher)です。

リアシートバッグ
フロントシート、リアシートの改良
リアホイール・センターカバー
後輪車軸カバー
シフトレバー・エクステンション
ABS樹脂製マッドガード
ナンバープレート・ホルダー
エンブレム付きオイル注入口・プラグ
マルチ・グリップ・フットレスト
ブレーキペダル・エンラージメント
フォーク・クラッシュ・プロテクター
テクター ブレーキ・クラッチレバー
ミラーエクステンション
センターキャップトップ・ヨーク
GPSマウンティング
スマートフォン用 RAM X-グリップ クランプ
クランプ 60mm
エクステンドフェンダー
クーラー・プロテクション
サスペンション取付部カバー
スイングアームピボット・カバー
エンジン取付後部のフレームカバー
フレームカバー(左用)
リアフレームカバー
エンジン取付部フレームカバー
フットブレーキ・リザーバーカバー
ユニバーサル・リムストライプ
サイドスタンド・フット・エンラージメント
ZTechnik ウィンドスクリーン
コネクティビティ・ディスプレイ用保護シートセット
Remus Black Hawk
ステンレススチール製クラッシュバー
ハンドルバー・ライザー

 

 

 

 

 

BMW R1250R conversion by Hornig 画像を拡大 BMW R1250R conversion by Hornig 画像を拡大
BMW R1250R conversion by Hornig 画像を拡大 BMW R1250R conversion by Hornig 画像を拡大
BMW R1250R conversion by Hornig 画像を拡大 BMW R1250R conversion by Hornig 画像を拡大
BMW R1250R conversion by Hornig 画像を拡大 BMW R1250R conversion by Hornig 画像を拡大
BMW R1250R conversion by Hornig 画像を拡大 BMW R1250R conversion by Hornig 画像を拡大

 

 


 

 

 

 

 

 

コロナウィルスの影響により、HORNIG社(ドイツ)から、日本への出荷が停止されています。

ドイツから日本への輸送を担うDHLから、HORNIG社に連絡がありました。
ドイツと日本の間の航空便の運休・減便が主な要因とのことですが、現時点では、現地のDHLも混乱をしており、詳細については不明とのことです。

詳細、再開の見込みが判明しましたら、お知らせいたします。

 

(2020年5月16日追記)

DHL Expressが再開されました。荷物の追跡をすると、ドイツから中国を経由して日本に届いています。通常のサービスは、ドイツ(フランクフルト)から直接、日本(羽田)に届いていました。ドイツ-日本間の航空便が以前に近い状態に戻れば、安価な通常サービスも再開されると思います。


(2020年5月11日追記)

日本向けに、一部の配送が再開されました。

 

再開されたのは、 DHL Express と呼ばれるサービスで、通常のサービスよりも早く(2〜5 日間)配送されますが、その分、送料が高くなっています。
送料は、下記をご参照下さい。

DHL Express
商品価格の合計:30ユーロ未満 49.9ユーロ
同:250ユーロ未満 119.9ユーロ
同:250ユーロ以上 129.9ユーロ

参考:通常サービス
商品価格の合計:30ユーロ未満 29.9ユーロ
同:250ユーロ未満 39.9ユーロ
同:250ユーロ以上 49.9ユーロ
 


(2020年4月10日追記)
現在、ユーザー登録の際の住所の国、および、ご注文の際の配送先の国に、日本を選択することができなくなっています。
また、送料の表示にも、日本が削除されています。