ドイツのHORNIG社のニュースからの転載です。

 

BMW R1250GS アドベンチャー

 

新型 R1250GS アドベンチャーは、BMW モトラッドが「長距離ツーリングとバイクによる冒険 (Long-distance trips and motorcycling adventures)」と呼ぶものを具現化したものです。新型の水冷ボクサーエンジンは、1,254ccの容積で、将来の排出ガス規制を満たすために開発されました。電子燃料噴射と制御された触媒コンバータとの組み合わせによる4バルブ技術は、最高のパワーとトルク、そして効率的で環境に優しいものです。

1.254ccの容積の新型水冷ボクサーエンジンは、7,750rpmで100kW(136PS)、6,250rpmで143Nmを発揮します。

新しいBMWのシフトカム・テクノロジーは、より多くのパワーを保証し、排出量だけでなく、燃料消費量も低くなります。

新型 BMW R1250GS アドベンチャーには、LEDヘッドライト、2つのライディングモード、ASC、ヒル・スタート・コントロールが標準装備されています。ダイナミック・ブレーキ・コントロール (DBC) 、ライディングモード「プロ」や他のモード (R1250GS アドベンチャー用の「Enduro」と「Enduro Pro」)、ABS「プロ」、ダイナミック・トラクション・コントロール (DTC) 、ヒル・スタート・コントロール「プロ」が追加オプションで用意されています。

更に、リアルアクティブ・サスペンションである「次世代」電子サスペンションDynamic ESAが、オプションで用意されています。

新型 R1250GS アドベンチャーには、大きな6,5インチTFTディスプレイが標準装備されています。


 

BMW R1250GS Adventure 画像を拡大 BMW R1250GS Adventure 画像を拡大
BMW R1250GS AdventureS 画像を拡大 BMW R1250GS Adventure 画像を拡大
BMW R1250GS Adventure 画像を拡大

 

 


 

 

コメント
コメントする