ドイツのHORNIG社のニュースからの転載です。

BMW R1250GS

 

BMW GSモデルの信頼性の高いボクサーエンジンは、今まで35年以上にわたり、超ロングツーリングや、エキサイティングなショートツーリングに、強力な推進力を提供してきました。革新的、かつ、完全に再設計されたシフトカム (ShiftCam) テクノロジー搭載のボクサーエンジンにより、BMW R1250GSは、新しいレベルのパワーと効率、より環境にやさしい燃費と排出値、スムーズさと洗練さ、そしてエンジントルク(100 kW (136 HP) / 7,750 min , 143 Nm / 6,250 min)について、著しい最適化を達成しました。R1250GSのシリンダー容積は、R1200GSの1,170 ccから、1,254 ccに増加しました。新しいシフトカム (ShiftCam) テクノロジーの重要な特徴は、吸気側のバルブタイミングとバルブストロークの変化、歯付きチェーン(以前はローラーチェーン)によるカムシャフト駆動の推進、最適化されたオイル供給、ツインジェット噴射バルブ、そして新しい排気システムです。さらに、吸気カムシャフトは、2つの吸気バルブが非同期に開くように設計されており、吸入混合気の渦巻きが向上し、結果として、より効果的な燃焼をもたらしています。

2つのライディングモード、オート・スタビリティ・コントロール ASC、容易な坂道発進を実現するヒル・スタート・コントロールは、R1250GSに標準装備されています。更に、R1250GSには、ライディングモード「Dynamic」を含むライディングモード「Pro」、ダイナミック・トラクション・コントロール DTC、ライディングモード「Dynamic Pro」・「Enduro」・「Enduro Pro」・「ABS Pro」、そして、困難な状況におけるブレーキングに、より安全を提供するダイナミック・ブレーキ・コントロー ルDBCが、オプションとして用意されています。更にオプションには、ライディングの状態や操作による状況に自動的に対応し、すべての負荷状態において自動補正することのできる「次世代」電子サスペンションDynamic ESAが用意されています。

新型R1250GSには、LEDヘッドライトが標準装備されており、オプションで、昼間用のLEDライディングライトを追加することができます。「コネクティビティ(接続性)」プログラムは、R1250GSプログラムに標準装備されています。これは、6.5インチのフルカラーTFTスクリーンと多くの機能を備えた、多機能インスツルメントクラスターで、ライダーが、より迅速かつ容易に、車両や接続機能にアクセスできることを実現しています。

さらに、インテリジェントなエマージェンシーコール(緊急通報)が、オプションとして用意されており、事故の際に最速の支援を提供します。「BMW Motorrad Spezial」プログラムもオプションで利用できます。これは、BMW R1250GSのオーナーは、例えば、オプションの719 ClassicとHPを選択できます。また、HPスポーツサイレンサーも同様に、工場オプションで選択可能です。

デザイン面では、新型BMW R1250GSは、2つのモダンな基本色と、2つの印象的なスタイルバリエーションで、ツーリングとオフロードの能力を際立たせています。

BMW R1250GS向けの弊社の商品は、こちらからお探し下さい。 BMW R1250GS用商品ページ

 

The new BMW R1250GS 画像を拡大 The new BMW R1250GS 画像を拡大
The new BMW R1250GS 画像を拡大 The new BMW R1250GS 画像を拡大
The new BMW R1250GS 画像を拡大 The new BMW R1250GS 画像を拡大
The new BMW R1250GS 画像を拡大 The new BMW R1250GS 画像を拡大

 

 


 

 

コメント
コメントする