ミッドレンジ領域のスマートなオールラウンダー

 

新しいエキサイティングなアドヴェンチャー・スポーツモデル 「コンセプト 9cento」(nove cento)で、BMWは、スポーツ、アドベンチャー、ツーリングのあらゆる分野での、理想的なバイクが、どのようなものであるかを示しています。操作しやすいバイクにフォーカスすることは、適切なパワーと信頼性、ライディングの楽しさに良好なバランスを図り、「コンセプト 9cento」を、新しいミッドレンジ領域における現実的で、最新のオールラウンダーとしています。コンパクトなシルエットは、俊敏性と気楽さを約束し、ライトウェイト構造と車重全体の軽量化は、よりダイナミックな走りを実現します。高い柔軟性を可能にし、後席の座面を伸ばす、革新的なクリップオン・パニアシステムを強調することは価値があります。このパニアシステムにより、乗り心地の点でライダーのニーズを満たすように向けられたバイクを、瞬時に、タンデムツーリングのための、実用的なツーリングバイクに変換します。バイクのフロントとリアには、BMW モトラッド コンセプト 9centoの本質を捉えた印象的なライトが装備されています。


BMW コンセプト 9centoの外観は、BMW S1000XRと非常によく似ていると思わわれるでしょう。おそらく2019年に、BMW F900XR、またはF850XRと呼ばれる新しいシリアルモデルが登場する予定です。これらのバイクは、Concepr 9centoとS1000XRのフロントフェアリングに類似性があることを示すでしょう。 この予定されている新しいシリアルモデルには、最大出力95 HPの850ccmの2気筒直列エンジンが装備されています。S1000XRのように、この新しい「ミッドレンジセグメントのXR」は、エンデューロ(GS)とロードスター(R)の間に分類されるでしょう。


 

Die neue BMW Motorrad Concept 9cento 画像を拡大 BMW Motorrad Concept 9cento 画像を拡大
BMW Motorrad Concept 9cento 画像を拡大 BMW Motorrad Concept 9cento 画像を拡大
BMW Motorrad Concept 9cento 画像を拡大 BMW Motorrad Concept 9cento 画像を拡大

 

 


 

 

コメント
コメントする