ドイツのHORNIG社のニュースからの転載です。

 

新型 BMW G 310 GS:排気量500cc未満のカテゴリーで、完璧な機能・信頼性・堅牢性

BMW G310GS

進歩性、優れた品質、何年も付き合える気楽なパートナーシップ - それはすべてのBMW GSモデルが目指すものです。 新しいG310GSでは、BMWは、多様に富んだライダーの調査結果を考慮に入れて、シンプルで安全な操作を重視しました。 オールラウンダーには、世界のすべての道がホームであり、毎日の冒険に最適な仲間です。 G310GSは、より大きなGSモデルの多くの特性を500cc以下のセグメントに移し、それを独自の熟練の手法で取り込みました。また、各種燃料の品質に対応しており、すべての排出基準、および各国の要件を満たしています。

シャーシに関しては、新型 BMW G310GS は、ロードスターG310R に非常に似ています。フロントは倒立フォーク、リアはスプリング・ストラットに接続したアルミ製スイングアームにより、しっかりとしたバランスと、容易なハンドリングを実現しています。ねじり剛性と堅牢性を向上させるために、G310GSでは、ボルトで固定されたリアセクションをもつチューブ・スチール・スペースフレームが装備しています。新型の小さなGSモデルの多くの各部は、高いフロントフェンダー、フライライン、短く・高いリア等、大きなGS姉妹から取り入れられています。このGSの他の典型的な特徴は、短いホイールベース、19インチの前輪、およびコンパクトなバランスと、特徴的な直立姿勢のための拡張されたスプリング長です。

世界中の幅広い用途とダイナミックな乗り心地のために、G310GSのエンジンは、4バルブ、ツイン・オーバーヘッドカムシャフトの電子燃料噴射313cc液冷単気筒エンジン(ボア80mm、ストローク62.1mm)です。シリンダーヘッドは、180度回転しています(吸気:フロント、排気:リア)。この構造により、新鮮な空気と燃料の供給を強化しています。このニューモデルでは、25 kW(34hp)の出力に達するだけでなく、DIN(ドイツ工業規格)の定義では、169.5kgの乾燥重量となっています。

BMWのオートバイの特徴として、G310GSには、ABSが標準装備されており、ボタンを押すことで、簡単にオフにすることができます。 ブレーキは、効率的な減速と短い制動距離のために、2チャンネルABSを備えた高性能ブレーキシステムです。 大型の液晶ディスプレイは、ライダーに、明瞭に幅広い情報を提供します。


 

BMW G310GS 画像を拡大 BMW G310GS 画像を拡大
BMW G310GS 画像を拡大 BMW G310GS 画像を拡大
BMW G310GS 画像を拡大 BMW G310GS 画像を拡大
BMW G310GS 画像を拡大 BMW G310GS 画像を拡大

 

 


 

 

コメント
コメントする