HORNIG社のニュースからの転載です。

HORNIG社は、2014年の3月にBMW R1100Rをベースに、スクランブラーと呼ばれる車体を組み上げました。今回、ドイツの公道を走れるように、車検を通したようです。

BMW R1100R Scrambler conversion by Hornig

HORNIGが大きな改造を加え、カスタマイズしたBMW R1100R Scrambler conversion をベースとして、ドイツの公道で走行許可を得るために、多くのパーツを追加する必要がありました。 私達は、その過程においても、出来る限りオリジナルのスクランブラーの外観を妨げないように努力しました。それで、私達は、役割と、それを目立たせない様にすることを考え、全てのパーツをデザインしました。「役割」とは、それがドイツの法律に合致することです。「目立たせない」とは、出来る限り既存のパーツで隠し、オリジナルのスクランブラーの外観を残すことです。

BMW R1100R Scrambler conversion by Hornig

そのひとつの例が、ドイツの規制に対応したナンバープレート・ホルダーです。ドイツの車両の規制に適合するために、ナンバープレート・ホルダーは、バイクの右側に取り付けられまた。規制では、ナンバープレートの高さは、路面から15cm以上の位置になければなりません。また、ナンバープレートは、左右どちらがわからでも、見える位置に取り付けなければなりません。角度についても規制があり、左右15度の位置から、読めるようになっていなければなりません。

BMW R1100R Scrambler conversion by Hornig

リアライトとウィンカーについては、Eマークや他の規制に適合したパーツを取り付けましたので、車検場では追加のテストを受けることはありませんでした。私達は、購入することのできる中で、最も小さいウィンカーを取り付けました。このようにして、できるだけオリジナルの外観を残そうとしました。同様に、ヘッドライトとウィンカーのパイロット・ランプが目立たないようにしました。

BMW R1100R Scrambler conversion by Hornig

私達のメカニックは、これらの追加のパーツの取り付けに、約8時間を費やしました。パーツ代は、362.56ユーロでした。その結果、スクランブラーのトータルコストは、7661.66ユーロ、作業時間は、約43時間です。

私達の R1100R スクランブラーは、他に例のないユニークな車両です。パーツの中には、入手が困難なものや、手作りをしたものもあります。スクランブラーに関するレポートは、同じように車両を大きくカスタマイズしたい方の参考にして頂ければと考えています。車両の再生、さらなる改造・改良をお薦めすることはできまますが、バイクのカスタマイスの作業を始める前に、地域を所管する車検場の担当者に、規制について、しっかりと確認することをお薦めします。私達は、作業を始める前に、近郊のテストセンターを訪れ、ドイツの規制を満たすために必要とされるパーツについて、説明を受けました。

公道走行のために必要とされたパーツ:
- ナンバープレート・ホルダー (18-28cm幅可変) 39,90 ユーロ
- ナンバープレート・ライト 29,95 ユーロ
- バックライト 29,95 ユーロ
- リア赤色反射板 2,99 ユーロ
- ウィンカー 4個 * 59,95 = 239,80 ユーロ
- ウィンカー用抵抗 4個 * 6,99 = 27,96 ユーロ
- ミラー (純正品)
- ヘッドライト/ウィンカー用パイロット・ランプ 11,97 ユーロ

BMW R1100R Scrambler conversion by Hornig

BMW R1100R Scrambler conversion by Hornig

BMW R1100R Scrambler conversion by Hornig

BMW R1100R Scrambler conversion by Hornig
コメント
コメントする