取引先のドイツのHORNIG社のニースサイトからの転載です。

BMW R1200RS

スポーティーさに特徴をもち、ツーリングに最適と考えられる現在のGSシリーズは、新型のBMW R1200RSに受け継がれ、発展します。新型RSは、2気筒ボクサー・エンジンのスポーツ・ツアラーで、長距離ツーリングに快適だけでなく、ワインディング・ロードにも、パーフェクトにフィットします。

現在、R 1200GS、R 1200GS Adventure、R 1200RT、そして新型 R 1200R に搭載されているDOHCエンジンを、新型R1200RSも搭載しています。この新しいBMWのスポーツツアラーは、7,750 rpmで92 kW (125 hp)を出力し、最大トルクは、6,500 rpmで125 Nmです。

BMW R1200RS

排気ガスは、スポーティーに、急角度で曲げらたリアのサイレンサーにつながる2-in-1排気システムを通して排出されます。新たに変更されたエアボックス、新しい形状のエアインテーク・シュノーケル、中央に置かれたラジエーターの組み合わせは、このバイクに精巧な外観を与えています。

新型BMW R1200RSは、2つのライディングモード:「レイン」と「ロード」を標準で備えています。ASC (Automatic Stability Control)も標準装備です。特別に備えられたライディングモード:「プロ」には、DTC (Dynamic Traction Control) と、2つのライディングモード:「ダイナミック」と「ユーザー」が追加されています。

BMW R1200RS

特に、新型BMW R1200RSのために、管状スチール・ブリッジフレームが開発され、2気筒ボクサーエンジンを完璧に包み込んでいます。フロントの倒立式フォークと、リアのEVO パラレバーによって、R1200RS はダイナミックな スポーツ ・ツアラー となっています。スピードメーターはアナログ表示であり、TFTディスプレイには、様々なインフォメーションが表示されます。

BMW R1200RS

オプションとして、よりダイナミックなライディングに貢献する、電子サスペンション:ダイナミックESAを選択可能です。更に、2つのダンピング・プロパティ:「ロード」と「ダイナミック」は、安全性を向上させると共に、快適さを大きく向上させます。

デュアル・ヘッドライトを備え、空気力学的観点から設計されたハーフカウルは、新しい外見を与えています。全く異なる印象を与える2つのカラー、ルピン・ブルー・メタリック (Lupin blue metallic)、ライトグレイ・メタリック (Light grey metallic) & グラニットグレイ・メタリック・マット (Granite grey metallic matt) が用意されています。



コメント
コメントする