R1200GS LC

モア・プロテクション、モア・カスタム



HORNIGが提案する BMW R1200GS LC(水冷)のカスタマイズのモデル車両を、ドイツのガルミッシュ・パルテンキルヒェン(Garmisch Partenkirchen)で行われるBMW Motorrad Days 2013において、HORNIGは、多くのBMWライダーの皆さんに提案します。HORNIGは、ライダーとバイクを転倒などの際のダメージから守ることに加え、快適なライディングとなること、より個性的なバイクにすることを目指しました。そのすべてのものが、ここにあります。

R1200GS LC

安全面における2つのメインパーツは、ノーチラス・ホーンとクラッシュバーです。ノーチラス・ホーンは、本体とステンレス製の取付パーツ、配線がキットになっており、取付作業は短時間で終わるでしょう。クラッシュバーは、エンジンをカバーするものと、サイドカウルをカバーするものを組み合わせて使用することができます。

R1200GS LC

クラッシュ・プロテクター、エンブレム付きオイル注入口・プラグは、工具で簡単に取り付けが可能です。サイドスタンド・フットエンラージメントも同様に取り付けは可能で、底面積が広くなり安定して駐車できるだけでなく、よりバイクを立たせて駐車することができます。

R1200GS LC

クーラー・プロテクションと、エア インテーク グリッドの取り付けは簡単で、洗車の際の手間を軽減してくれます。ミラーエクステンションは、サイドミラーに自分の肩が写って、後方確認がしにくいライダーに、その解決策を提供します。コクピットの上部に取り付けるGPS マウンティング(アダプターを介してガーミン、TomTomのナビを取付可能)は、バイクナビを高い位置にセットすることが出来るので、ライディング中の視界の中に、すべてを収めることができます。

カーボンファイバー製のサイドカウルは、クラッシュバーで隠れることはありません。最高品質のこのパーツで、水冷のR1200GSがより個性的な姿になるでしょう。

HORNIGは、リアホイール・センターカバーや、サスペンション取付部カバーなど、水冷のR1200GSのフレームの各所にとりつけるためのアルミ削り出しパーツや、旋盤によるパーツを開発しています。

R1200GS LC

”フロントシート、リアシートの改良”は、お客様のシートを改良します。ノーマルのシートに手を加えますので、シートを弊社までお送り頂く必要があります。体重やサイズなどのお客様のニーズに応じた新しいコアを作成し、着座位置がずれないように特別に加工されたレザーで、シートをカバーしてお届けします。

ハンドルバー・バッグは、すぐに取り出したい、手の届く範囲に置いておきたい小物を入れるのに適しています。Remus(レムス) HexaCone は、よりパワフルに、心地良いサウンドを奏でます。db-Eater(DBイーター:消音器)は取外しが可能です。

ノーチラス・ホーン
クラッシュバー
クラッシュ・プロテクター
エンブレム付きオイル注入口・プラグ
サイドスタンド・フットエンラージメント
クーラー・プロテクション
エア インテーク グリッド
ミラーエクステンション
GPS マウンティング

カーボン サイドカウル
ビーク・エンラージメント
リアホイール・センターカバー
サスペンション取付部カバー
エンジン取付部フレームカバー
スイングアームピボット・カバー
リアフレームカバー
フレームカバー(左用)
フォークチューブ・カバー
フロントシート・リアシートの改良
ハンドルバー・バッグ
Remus(レムス) HexaCone チタン
コメント
コメントする