K1200R
 

BMW K1200R


ミラー・エクステンション(BK 02)と、サイドスタンド・エンラージメント(0707)を、ご購入頂いたお客様(お客様のブログはこちら)に、知多半島の広域農道を使ったツーリング・コースをご案内しました。

待ち合わせ場所のコンビニの駐車場に入った時、先にお越しになっていて止まっていたバイクが、一見するとK1200Rには見えず、ちょっと戸惑いました。
K1200R

ZTechnik社の大型スクリーンで、大きく印象が変わっています。このスクリーンに交換して、高速走行がだいぶ楽になった、とのことでした。
スクリーンは、Ztechnikのスポーツ・ツーリングスクリーンです。大型スクリーンなので、高速走行は格段に楽になりました。K1200R専用設計なので、ジャストフィットで、僕はカッコイイと思います。(お客様のコメント、以下同じです。)

ハンドルも、アップハンドルに変更されています。ご覧の様に、クラッチ・ブレーキレバーを交換、レーダーと、ナビ代わりにスマートフォンを付けられるマウンターがついています。電子機器用の電源も用意されていました。
ハンドルですが、ノーマルでは前傾姿勢がつらく、すぐに腰と手が痺れてきてしまうので、MV社製のハンドルライザーで、4センチアップしてあります。おかげで手の痺れもなくなり、腰も楽になって、長距離ツーリングも問題無く行けるようにな りました。

エンジン周りのプロテクターを装着され、マフラーは、Akrapovicでした。トップケースも使い勝手が良いですよね。
マフラーは高速仕様で、高速走行は最高です。

K1200R
タイヤが、初めて見るタイヤでした。
タイヤのメーカーですが[MAXXIS マキシス]です。目立ち度は満点です。はめ換えたばかりなので、とりあえず皮むきの最中なのです。

私のK1200Sとツーショットです。
K1200S, K1200R

カスタムは、マフラー・スクリーン・ハンドルと、主なところはやってしまったので、後は細かいパーツを交換していく予定です。
後はやっぱり・・シートですかね・・。


 

世界に1台だけのバイクへ、Upgrade Your Bike!

コメント
コメントする