R1200GS

BMW R1200GS

サイドカバースピードメーター・カバーを、ご購入頂いたお客様から、メールをお送り頂きました。

-----お客様のコメント:ここから-----------------------------
わざわざサイドカバーの取り付け方の動画をご依頼いただきありがとうございます。おかげさまで無事に取り付けることができました。中に入っていた養生用のスポンジを使わなかったのが気になっていて、やり直そうかなと思っていたところでしたが、この動画では、それを使わずに直接はめてタイラップで止めているので、これでいいのかなと安心しました。

R1200GS

このサイドカバーは、純正みたいにピッタリ収まっています。GS用のサイドカバーは、Touratechなど、いろんなメーカから出ていますが、こちらのデザインが断然にかっこ良いのに、しかも値段も安く、このようにアフターフォローもきちんとしていただけるので、本当にいい買い物をしたと満足しています。 もちろんアルミのメーターカバーも、少しゴージャスな感じでステキになりました。

R1200GS

-----お客様のコメント:ここまで-----------------------------

サイドカバーの取り付けに際しては、英語のマニュアルを日本語に翻訳してお送りしました。

-----マニュアルの日本語訳:ここから-----------------------------
1.
バイクからシートを取り外して下さい。
上部フレームレールの下、シートの中央部分にある車体右側のフレームレールの取付金具にある小さな穴(2つのうちのリア側)を確認して下さい。同様に、車体左側の取付金具のリア側の穴も確認して下さい。
2つの穴は、共に、ダンパーアームのトップビボットのそばにあります。
バイクにパネルを固定するために、2つの穴に、固定用のケーブル(タイラップ?)を通す必要があります。

2.
キーがシートロックのシリンダーの外側にあることを確認して、パニアの取り付け金具の後ろに、前から左側のパネル(リアが細くなっている)を、フレームレールの外側に、パネルの底部の端が位置することを確認しながら、止まるまで差し込みます。フレームレールの内側の下から、右手の指を使って導いて下さい。

それから、下部のフレームレールの終端に向けて、接着されている内側のプラスチック製の取り付け部品の下部を固定して、パネル全体をゆるめます。パネルの上部は、車体後部の表のとがった端にぶつかって止まります。
オリジナルの車体後部にカッチとはまるまで、この場所でパネルを下にゆるめます。

オリジナルの固定用のケーブルを調整して、トップレールの近くのパネルにフィットするように、上部フレームレールの前部に固定して下さい。
項目1で確認した、既に製造時に取り付けたれたケーブルが通っている、取り付け金具のパネルの上部の小さな穴と、小さな後端上部の小さな穴を通す2つの固定用のケーブルを動かし、固定する時は、フレーム周辺に固定して下さい。

3.
パニアの取り付け金具の後ろに、前から右側のパネル(リアが細くなっている)を、フレームレールの外側に、パネルの底部の端が位置することを確認しながら、止まるまで差し込みます。フレームレールの内側の下から、左手の指を使って導いて下さい。

それから、下部のフレームレールの終端に向けて、接着されている内側のプラスチック製の取り付け部品の下部を固定して、パネル全体をゆるめます。ダンパー調整ノブは、それぞれの隙間(開口部)を通して操作できます。パネルの上部は、車体後部の表のとがった端にぶつかって止まります。
オリジナルの車体後部にカッチとはまるまで、この場所でパネルを下にゆるめます。

オリジナルの固定用のケーブルを調整して、トップレールの近くのパネルにフィットするように、上部フレームレールの前部に固定して下さい。
パネルの上部の小さな穴と、項目1で確認した、既に製造時に取り付けたれたケーブルが通っている、取り付け金具の小さな後端上部の小さな穴を通す2つの固定用のケーブルを動かし、固定する時は、フレーム周辺に固定して下さい。

4.シートを取り付けて、GO!

5.取り外す際は、取り付けの逆の手順で行なって下さい。
-----マニュアルの日本語訳:ここまで-----------------------------

何とも分かりにくいので、ドイツのHORNIG社に、取り付けの際のビデオを作って欲しいと依頼しました。

出来上がったビデオがこちら。



わずか1分1秒の映像です。あっという間の装着です。

このような部品の装着に関しては、文字に比べて、映像で伝えられる方が、はるかに有用であることがわかります。


世界に1台だけのバイクへ、Upgrade Your Bike!

コメント
コメントする