BMW F800ST パーツ

F800ST

2008 年式の F800 ST です。乗り慣れていくにつれてもっとスポーティーなライディングがしたくなり、ハンドルとスクリーンを S のものに換装しました。また、足の曲がり具合と体重移動のし易さを一気に改善する目的で、シートもハイシートに変えています。

ST のカウルに S のハンドルとスクリーンを取り付けると、アンバランスなシルエットになるかと心配していましたが、意外と大丈夫でした。
BMW F800ST パーツ


タイヤは前後ともメッツラー M 5 を履かせています。前に使っていた Z 6 INTERACT と比較するとタイヤの形状も変化しており、倒しこみがスムーズになった印象です。ただし接地面積が変化したせいか、押したり引いたりの取り回しが重くなっ た感じもします (気のせいかもしれませんが)。
BMW F800ST パーツ


ST のバーハンドルと比べ、S のセパハンでは握りこぶし一個分くらい位置が下がっています。このほうが腕の長さに合い、肩に力が入らなくなりました。
BMW F800ST パーツ


ST よりは前傾寄りなライディングポジションになり、この換装でハンドルの高さと扱いやすさの関係を体感しました (U ターンなど)。
BMW F800ST パーツ


シートもハイシートに変えています、後ろ気味に乗るのが好みで (そのほうが倒し込みやすい気がする)、お尻がシートの突起に触れる感覚を基準にして位置を決めています。
カタログではハイシートにすると 3 cm 高くなり、173 cm の僕の「後ろ乗り」ではつま先が少し付く程度です (正しくシートに座ると足がほぼべったり付きます)。
BMW F800ST パーツ


ST と比べS のスクリーンでは高速道路での風当たりが当然強くなりますが、セパハンにはやっぱりこれでしょう。
でもスクリーンの角度の問題で、メーター裏の掃除にはスクリーンを外す必要があります。
BMW F800ST パーツ


スクリーンとハンドルが変わるだけで、コックピットがなんだかコンパクトになった気持ちになります。
BMW F800ST パーツ


ハンドルグリップはすり減り防止のためにキジマの BM-04001 を付けています。程好い太さになり、滑ることもなくグリップヒーターにも影響もありません。おススメです。
BMW F800ST パーツ


ヘッドライトは一度怖い思いをしたので Low を HID に変えました。High には Absolute Halogen H7 4300 を入れ、少しでも明るくなるようにしました。ランプ類はもちろん車検に通っています。
BMW F800ST パーツ


ETC の本体はシート下、ランプはカウルの内側に取り付けてもらいました。ランプの色合いもカウルとマッチしており、この位置が気に入っています。
BMW F800ST パーツ


現在 3 年間乗っており、立ちごけや転倒による傷も所々に入っています。
BMW F800ST パーツ

父親が BMW 乗っていた影響もあり、初めて乗ったバイクがBMW  F800ST です。愛媛の正規ディーラープラッツ愛媛でこのバイクに試乗させてもらい、感じるところがあってローンを組みつつも購入出来ました。学生の自分にそのよう なチャンスをくれた家族と営業さんに感謝しています。

知らない場所へ行く楽しみや保険を含めたバイクを維持するということ、ディーラーさんで出会う年の離れた大先輩のお客さんたちとの会話など、大学では学べないことをこのバイクから学んでいます。特に冬以外は週末に大山蒜山へ走りに行き思うように上手くいかない研究で溜まったストレスを発散して、大学へ戻った後は気持ちを切り替えて次の実験に取り掛かる、その大事なスイッチの役目も果たしてくれます。

これからも上手く乗りこなすためのトレーニングをしっかり積んで、出来るだけ長く大切に乗ろうと思っています。

世界に1台だけのバイク

コメント
コメントする