最終日、日曜日の混雑を見越して、朝一番にBMWのブースへ行ってきました。昨日も書きましたが、一般客は、午前中は、必ず最初にH社のブースに訪れるように誘導されています。私はIDカードを見せて、関係者以外通行禁止のゲートをくぐり、BMWのブースのある建物へ。早い時間なら、H社のブースがある建物にお客さんが吸収されているので、ここはすいています。

さて、跨った際の足つきですが、K1600GTL->R1200RT->K1300GT->K1600GTの順で高くなります。私の身長は168cm(足は短いです!)ですが、GTLは両足の土踏まずの手前、一番力が掛かるところまで両足がしっかりと付きます。R1200RTとK1300GTがほぼ同じで、親指の付け根がしっかり、K1600GTはちょっとつんつん、って感じです。

ハンドルは、GTLはシート位置が低く、ハンドルも手前の高い位置にぐっと来ます。K1600GTは、K1300GTに似ているような。座った時の質感、というか見える景色は、RTに似ているような気がします。

気になる発売時期は、来年の第二四半期とのことでした。

価格は、ベースモデルで、K1600GTが20,000ユーロ、GTLが22,000ユーロだそうです。

クラッチ側のスイッチです。展示してあった、R1200RT(2010)と同じだと思います。
2010 インターモト

ブレーキ側のスイッチです。ピンボケですみません。RTと比較すると、ボタンが一個多いです。オプションの違いかもしれませんが。
2010 インターモト

メーターパネルのアップです。
2010 インターモト

別の角度からのエンジンのカットモデルです。


エンジンの外側に、しっかりと「6」と刻まれているのを見つけました。


会場の入り口で見かけたドイツの白バイ、緑バイ?です。


2010 インターモト

「YAMASAKI」ほど直接的ではありませんが、これも怪しくないか?
2010 インターモト

「今日のおねーさん」は、カワサキのおねーさんです。
2010 インターモト

有意義なインターモトでした。見つけてきた商品は、商談を進め、まとまったら順次公開していきます。
2010 インターモト
コメント
コメントする