EICMA 2019において、新型 BMW F900Rが発表され、その精密さと率直さに感銘を受けました。まるで自分自身が、F900Rと融合しているかのように、カーブでのパワーは、直感的に適正に使用されます。ライディングの楽しさは、このダイナミック・ロードスターでは、必然的なものです。F900Rのライディング・テクノロジー、安全性、接続性にも留意がされています。

メインヘッドライト内のセパレイト型のLEDエレメントは、カーブの内側を可能な限り照らします。7度の傾斜では、適応型ヘッドライトが自動的にオンになります。
BMW F900Rには、新しいTFTディスプレイが搭載されており、どんな悪条件下でも6.5インチのディスプレイを輝かせます。さらに、TFTディスプレイは、高品質のプレゼンテーション、さまざまな情報、および使いやすさを提供します。特別に装備されるドライビング・モードProにより、追加のコアスクリーンをライダーに提供します。TFTディスプレイのグラフィックは、一致するオンロード・オプティックス (on-road optics) に表示されます。これからは、ミドルクラスでも、標準のBMW Motorradコネクティビティ機能により、ライディング中に、電話をかけたり、ナビゲートしたり、音楽を聴いたりするのが快適さを享受できます。

性能に関しては、新型 F900Rは、105 CVと895 cm3の排気量で、さらに開発が進められた直列エンジンを備えています。
F900Rのデザインを説明しなければならなかった場合、多くの人が言うのはアグレッシブです。その鋭いエッジ、コンパクトなヘッドランプ、短いテールにより、F900Rは、常に獲物を狙う、いつでも攻撃の準備ができている、ネコ科の捕食動物の様に見えます。

以下の3つの車体色が用意されています。
- スタイルスポーツ: ホッケンハイム・シルバー / Racingred uni
- サンマリノ・ブラウ・メタリック
- ブラックストーム・メタリック

F900Rのハイライトは以下のとおりです。
- ハイトルク・モーター
- 接続可能なTFTディスプレイ(6.5インチ)
- 適応型ヘッドライト
- ドライビング・モード Pro (オプション)
- ショート・エクゾースト
- アジャイル(Agile、機敏な)・サスペンション
- ダイナミック ESA
- シフト・アシスタント Pro
- 多様なシート高

 

新型 BMW F900R 画像を拡大 新型 BMW F900R 画像を拡大
新型 BMW F900R 画像を拡大 新型 BMW F900R 画像を拡大
新型 BMW F900R 画像を拡大 新型 BMW F900R 画像を拡大
新型 BMW F900R 画像を拡大 新型 BMW F900R 画像を拡大

 

 


 

 

スポーティなライディング、簡単な操作、さまざまな装備オプション。これらは、新型 BMW F900XRのキャラクターをダイレクトに言い表しています。新型 BMW F900XRは、アドベンチャースポーツセグメントを、ミドルクラスのエンデューロとして、征服することを目的としています。

新型 BMW F900XRは、スポーティーな走行への熱望と、長距離ツーリング能力の完璧な共生を形成し、「大きな」S1000XRの特徴を小さなセグメントに巧みに移しています。エンジン(77 kW/105 hp)のシリンダー容量は895 cm3です。
「アンチ・ホッピング・クラッチ」と呼ばれる機能が、標準で装備されています。追加のオプションのエンジン・ドラッグ・トルク・コントロール(MSR)によって、減速時の安定性を高めることもできます。

フロントフェアリングでは、スポーティさがF900XRの重要な特徴であるだけでなく、ウインドブレーク (windbreak、風よけ) を2つのポジションに調整できるので、ツーリング時の忠実な相棒になる、という第一の特徴を見ることをできます。設計上、このクロスオーバーマシンは、ツインヘッドランプで成功を収めています。これは、オプションとして、順応可能なコーナリング・ライトにも対応しています。さらに、「ヘッドライト Pro」オプションは、昼間のランニング・ライトを提供します。

短いリアエンドと組み合わされた15.5リットルのタンクは、ツーリングとスポーティなライディングの2つの世界を組み合わせた、このクロスジャンルのオートバイの2つの装備例です。
最後になりましたが、長いスプリングのたわみとシート高の調整機能により、快適なライディングが保証されます。

F900XRには、「レイン」と「ロード」の2つのドライビング・モードが装備されています。必要に応じて、サスペンションの調整に関する追加設定をリクエストできます。ミドルクラスのオートバイとしては稀であり、言及する価値があるのは、スマートフォンやナビゲーション機器との接続性です。

 

The new BMW F900XR 画像を拡大 The new BMW F900XR 画像を拡大
The new BMW F900XR 画像を拡大 The new BMW F900XR 画像を拡大
The new BMW F900XR 画像を拡大 The new BMW F900XR 画像を拡大

 

 


 

 

新しいS1000XRには、批判の余地はありません。スポーティさとロングツーリングのパフォーマンスの完璧な組み合わせにより、S1000XRは完璧主義者にとって完璧なバイクになります。ダイナミックESA、ドライブモードPro、DTC、ヒルスタート・コントロールPro、ABS Proを搭載したS1000XRは、他に望むものがありません。運転の喜びは最大限に向上します。S1000XRは、前モデルよりも10kg軽量で、装備には何も欠けていませんが、ドライバーは、より良い加速、ブレーキ距離の短縮、俊敏性の向上、操縦のしやすさを顕著に体験します。

RRのスポーティさと、直立したリラックスした着座姿勢を備えた、ツーリングモデルの優れたエルゴノミクスは、新しいXRの唯一のハイライトではありません。改良された空力特性とフェアリングは、さらに、寒さ、走行音、風や天候から、あなたをより守ります。また、調整可能なウィンドスクリーンは、ヘルメットを揺さぶることなく運転がどれだけ楽しいかを示しています。

XRは、レーシングレッドとアイスグレーの鮮やかなトレンドカラーでマーケットに登場します。これは間違いなく目を引くものです。しかしながら外観ではなく、S1000XRの内部について説明しましょう。XRのエンジンは、前モデルの4気筒インラインエンジンをベースに、11,000/minで121 kW(165 hp)の出力を発揮します。さらに、長距離ツーリングに適応するために、BMWは、特別なカムシャフトプロファイルと独自のマニホールドを構築し、印象的なトルクモーメントと、クラスで最も広く使用可能な速度範囲を実現し、運転性をより調和させています。上部ギアのロングギアは、はっきりと感じ・聞くことができ、スムーズな走行を保証します。アンチホッピングクラッチに加えて、新型S1000XRには、エンジン・ドラッグ・トルク・コントロール(MSR)が初めて搭載されました。MSRは、急激な減速、またはシフトダウンによって引き起こされる、後輪の不快なスリップを防止します。

新しい6.5インチTFTディスプレイは、S1000XR用に特別に開発されました。このTFTディスプレイには、4つの異なる設定が用意されており、乗り方に合わせて個別に調整できます。事故の場合、BMWはここでも安全性を高めています。BMWが開発した「Intelligent Distress Call」、ECALLは、BMWコールセンターに自動的に連絡し、タスクフォース(特別チーム)が、適切に準備し、事故現場に迅速に到着できるようにします。

さらなる機能として、S1000XRには、標準で4つの異なるドライビング・モード(レイン、ロード、ダイナミック、ダイナミックPro)があります。したがって、XRには使用可能な広範な設定があります。さらに、XRには、最新世代の電子サスペンション・ダイナミック ESA(電子サスペンション調整)が搭載されています。汎用性の高いアドベンチャースポーツバイクは、特にダイナミックな運転と、高いレベルの乗り心地の良さを提供します。これは、最新のバルブ技術のおかげです。オプションのエクストラには、2つのダンピングモード(ダイナミック、ロード)と、自動負荷分散を備えたダイナミック ESA Proが含まれます。DBC(ダイナミック・ブレーキ・コントロール)は、初めてS1000XRに装備され、ライダーのブレーキ操作をサポートします。

以下は、新しいS1000XRのハイライトです。
-新しいエンジンとパフォーマンスの向上
-スポーツとツーリングの完璧な組み合わせ
-ダイナミックESAプロ
-Headlight Proヘッドライトで印象的なフロントデザイン
-ケースシステムとトップケース
-BMW Motorradコネクティビティを備えたTFTディスプレイ
-最適化された重量
-有料道路用カードスロット
-空力特性の改善
-4つの異なる運転モード
-アンチ・ホッピング・クラッチ
-モーター・ドラッグ・トルク・コントロール(MSR)
-「インテリジェント・エマージェンシー・コール」ECALL
-DBC(ダイナミック・ブレーキ・コントロール)

 

The new BMW S1000XR 画像を拡大 The new BMW S1000XR 画像を拡大
The new BMW S1000XR 画像を拡大 The new BMW S1000XR 画像を拡大
The new BMW S1000XR 画像を拡大 The new BMW S1000XR 画像を拡大
The new BMW S1000XR 画像を拡大 The new BMW S1000XR 画像を拡大

 

 


 

 

2019年11月5日から10日まで、ミラノで、EICMAが開催されます。このモーターショーは、オートバイのモーターショーでは、世界中で最大のものです。HORNIG社は、最新の製品と、BMWバイクコンバージョン(モデル車両)を展示するブースを設けます。当社の製品と、コンバージョンに関するご質問に、お客様に、直接、お答えできることを楽しみにしています。また、最新のBMWオートバイアクセサリーカタログをご用意しています。

BMW Motorradは、いくつかの新型モデルを展示しますが、EICMAには、さらに多くのニュースとハイライトがあるでしょう。ぜひ訪れてみてください。

弊社のブースで、お客様をお迎えできることを、楽しみにしています!
 

EICMA 2019 画像を拡大 EICMA 2019 画像を拡大

 

 

Hornig Intermot 2018 画像を拡大 Hornig Intermot 2018 画像を拡大

 

 

オイルクーラーを完璧に保護するだけでなく、見た目も素晴らしいアルミニウム合金製のクーラー・スクリーンです。
表面は、特別なアルミニウム合金でカバーされています。
取り付けマニュアルが付属しています。


クーラースクリーン BMW S1000RR (2019-)
29,90 ユーロ (ドイツの消費税を含む。日本からの購入の場合、 25,13 ユーロ、 送料・輸入消費税別)
商品ページ:クーラースクリーン BMW S1000RR (2019-)

 

クーラースクリーン BMW S1000RR (2019-)画像を拡大 クーラースクリーン BMW S1000RR (2019-)画像を拡大